葉酸サプリの過剰摂取による症状は?

妊娠初期に欠かせないといわれる葉酸。不足すると胎児の神経管の成長が妨げられるといわれています。

 

しかし、体に良いからといって葉酸サプリを取りすぎると逆に副作用が現れることがあります。1日の葉酸の必要量は400ulとされています。過剰摂取した場合、人によっては副作用のような症状が現れることがあります。

 

最高でも1000ulまでとされており、厚生労働省や産婦人科でも取りすぎに注意するようよびかけています。過剰摂取した場合に現れる症状は、食欲不振、はきけ、むくみ、不眠症、めまいなどが主な症状です。

 

めまいは貧血でも現れることがあり、過剰摂取による副作用と気が付かないまま、さらに葉酸を取り続けると、副作用がさらに進行してしまうことがあり注意が必要です。

症状が出たら葉酸サプリの服用をストップ

葉酸サプリを取りすぎるとさまざまな症状が現れることがあります。

 

特に食欲不振やはきけは妊娠初期におこるつわりと酷似しているため、少々体調に異変を感じてもそのまま飲み続ける可能性もあります。

 

特に気を付けなくてはいけないのは、化学合成された葉酸サプリです。中にはビタミンAやカルシウム、鉄分などが配合された総合栄養剤のような葉酸サプリがありますが、ビタミンAの過剰摂取は胎児に悪影響を与える可能性があります。

 

また、着色料や香料などの添加物が含まれた葉酸サプリは、胎児がアトピーやぜんそくなどになるリスクを高めてしまうといわれています。葉酸サプリを選ぶ際には天然のもので、添加物が含まれていないものを選ぶことが大切です。そして少しでも体調に違和感を感じたら服用をストップしましょう。

葉酸は食事から積極的に取ろう

葉酸はそもそも食品から十分に取ることが難しいものです。

 

そのため食品サプリから補うよう厚生労働省からも推奨されています。そのため、食品については葉酸の過剰摂取は心配不要です。できれば、葉酸は食事から主に摂取するようにして、足りない分をサプリで補うようにすると良いでしょう。

 

葉酸が含まれている食品は主に緑黄色野菜で、特に葉物野菜に多く含まれています。「葉酸」と名付けられた由来は、葉物野菜に多いからです。他にもうなぎやレバー、海藻類などに多く含まれています。

 

しかしうなぎには動物性ビタミンAが豊富に含まれているので、妊婦さんが過剰に摂取するのは控えた方が良いです。妊娠初期には、つわりなどで栄養が十分に取れないことがありますが、少しずつでいいので意識して取るようにしたいものです。